2011年7月23日土曜日

浜村淳(タレント76歳)        ・浜村節ができるまで

浜村淳(タレント76歳) 浜村節ができるまで  
昭和49年~続いている 38年目  6回/週
昭和10年生まれ 60日後に父が上海に移転となってしまい父母とは別れて、叔母に育ててもらう 子供のころは ラジオ、映画、芝居、蓄音器が娯楽であり、とにかくラジオの時代だった 8歳のときに戦争が激しくなり、10歳で終戦  
戦後のラジオの思い出となる番組としては、「鐘の鳴る丘」、「君の名は」「武蔵」 徳川夢声の間に取り方が抜群にうまかった    間とは魔である・・・市川猿之助  
同志社大学の放送部にはいる→ジャズ喫茶で司会(アルバイト)→渡辺プロダクションからスカウトされ同社に入る
「ザ・リクエストショー」ほか歌の司会   
歌の前に歌を理解(どのように作られたのかとか、その歌に関するエピッソード等)してもらう事が大事だと判る
歌謡ショーは7-5調がいいかなあと思う
渡辺プロダクションのとなりが東宝演芸場だった 名人会ばっかりあり 
桂文楽古今亭志ん生三遊亭円生柳家小さん師匠等 伝説の名人の舞台を年中見られた
話芸が良かった 勉強になった  
桂文楽はエー、とかアーとか絶対に言わない→師匠に楽屋裏で聞いたことがあるが、その師匠に円馬という人がいる その人から教えてもらう
お前に芸をつけるけれども、真っ赤なおはじきを手に握るよ お前がエー、と言う度に投げつける 一席話終わったら、周りは赤いおはじきで一杯だった
それが段々半分になり、1/4になり、10個になり、最後には無くなった そうして文楽は直した
当時 無声映画の弁士は7-5調でやっていたが、普通のしゃべりでやっていたのは、徳川夢声のみ
あの人は普通にしゃべっており、夢の中にいるよう聞こえ、頼りない、と客が云ったので芸名が 徳川夢声となった
夢声は、映画はきっと近いうちに音が出るようになるので、弁士は職を失う ほかでも使えるように普通のしゃべりで通した(他は7-5調)
これが成功し、ずっと仕事を出来るようになる 
歌謡界の司会者の変遷 代表者 宮尾隆→玉置宏  段々と臭みがなくなってスマートになった
その後曲名しか言わなくなってしまい それでは寂しいと云う事で 総合司会 宮田輝 歌の紹介を私が担当した(大阪のTV局 7-5調でやってほしいとの要望)
いろいろテープ等で歌を聞いて勉強する  
実際7-5調でやって見ると歌手から歌いやすいと好評だった
紹介内容は全部自分で作る  
街角の標語は全部7-5調  歌舞伎の台詞も、俳句、短歌全て7-5調
私の話方は字に書けば標準語、聞いてみると発音は関西弁・・・草分け
ゆっくりしゃべるように心がけている ラジオを一口で言うと説得のメディア  TVは映像のメディア 言葉で説得して、説得して聞く人の目の前に映象が浮かぶように持ってゆく ・・・特徴であり、魅力  
10人聞いたら10人とも少しずつ思い浮かぶ映像が違う・・・これが楽しみだと思う 淀川長治さんのしゃべりは高見の目線に立っていない・・・すばらしい  
話す側としては、如何に判ってもらえるか、自分だけ判って話しているだけでは駄目 
聞いている人 全ての人が判ってもらえるようにしゃべることが大事