2012年4月21日土曜日

市田ひろみ(服飾評論家 79歳)   ・凛として生きる

 市田ひろみ(服飾評論家   79歳)        凛として生きる  
(1932年7月10日 - )は、日本の服飾評論家、エッセイスト、女優、タレント
いち早く全国きもの教室を開いて 着物文化の普及に努め平成13年その着付け技術が認められ現代の名工になりました
女優でも活躍、TVでのお茶の叔母さんでも親しまれました  
世界を訪ねて民族衣装を収集 膨大なコレクションを持っています
ブラウス、スカート、ベスト、エプロンで1セットで450セットあります 
最初から1セットでコレクションすることにきめていたので 苦労しました

1968年に最初にいった  世界的に手の込んだ衣装はなくなってきている
黒いビロード フランスの地方の衣装 模様は伝統的な模様 教会でミサが行われる間は全員がこの衣装を着て 町をパレードしてそこでフォークダンスをする
同じ服なんですがあの人のは手が込んでいるとか 一人のお嬢さんに分けてもらえないかと言ったら お婆さんからお母さんへ お母さんから私に伝わった物だから決して渡すことはできないと言われた  
アフガニスタンの衣装1972年 綺麗だったので購入した
しかし京都大学の吉田光邦先生にご指導を受けてまずコレクションをするんだったら 
誰がどこで何のためにこれを付けていたのかという のが揃わないといけない 
単に綺麗だけではいけないと言われた 

ベールが無かったがジュネーブとのやり取りで衣装と一致してこのアフガニスタンの衣装も30年して日の目を見るようになった
イエメンの衣装 貧しい国だが 婚礼服 5000円ぐらいだが アクセサリーは銀と珊瑚 刺繍がすごい 1968年に西陣の織り屋さんから民族衣装を購入して底の模様から着物のデザインをしてくれと言われて出掛けて行った  
45日かけて11カ国を回った 当時民族衣装をきて日常作業をしていたが、段々変わってきた 展覧会をするとお客さんが綺麗ねと言われて この服は満足していると思っている  
世界を全て日本語で通している 3つの言葉 笑顔(貴方の敵ではありません) 
おじぎ(ありがとう)  手を合わせる(お願い) これで世界中歩いてきました

スケッチをする そうするとまず子供達が集まってくる  
やんちゃそうな男の子を書く 騒いで喜ぶ 
そうするとその子の母親が敵ではなさそうだと寄ってくる
ルーペをもって衣装を見せる  
家に行く 写真を撮って 帰りに何かをあげる(例えば魔法瓶とか)
アラビア半島とかアフリカでは着物を着ても知らない(ヨーロッパは着物を着て歩くと 着物、着物と言ってくれる)  綺麗とか尊敬をしてくれる
どこの国でも伝統衣装は価値を認め日常生活とはかけ離れてゆく
上海から小学校の頃に苦労をして帰ってくる 終戦で母は家族を守ることで必死だった 
着物と米を交換して食べさせてくれた 
父は仕事の関係で残って1年半後に帰ってくる

父は学ぶことを、母は生きる事を教えてくれた人  父は国税局に入った 
高校3年の時に美容師の免許をとる 短大を卒業 当時は女性の働く場が無く 看護婦、電話交換 デパートの販売員ぐらい 10社受けてようやくOLになる
大阪の農機具メーカーに就職 技術部長の秘書をやる お茶とお花等を習っていた 
その先生が撮影所に連れて行ってくれる
2週間ぐらいしてからお茶の先生が「あんさん 女優でっせ」 と言われた 
実は面接だった 父と母にそのことを説明したが 父は激怒していた
女優になる 6人入る(大映ニューフェイス(第十期生) スターの座は約束されていない
 叱られているばっかりでどうしようと思った  
いつかは誰かに認めてもらえるように頑張ろうと思った

若い頃は外人風の顔立ちだったので余り評価されなかった  
止める日も決めていたが 吉村公三郎先生に「夜の河」で使ってもらって
昭和33年に「手錠」でデビューする事になる  
当時は日本的な別嬪さんばっかりで個性的な顔立ちの人はいなかった      
和製ソフィアローレンと言われた 悪役が多かった 退廃的な演技が旨く出来なかった 
又京都に戻る 母の美容室を継ぐ
美容室が忙しくて面白くも成った  
或る時に着物教室を開かないかと声を掛けられる  
それから毎晩特訓で何とか一人で着物を着られるようには成った
しかし着付けは出来るのだけれども理論が判らない  

「つずれ」 とは何ですかとか質問があり答えられない  
私の様な体形の人は抱き幅はどのくらいにしたらいいかとの質問だった  
「抱き幅」なんて聞いたことが無かった  
困ってしまって「後三分ぐらい広くしてもいいんじゃないですか」と言った  
旨い事を言ったなと言った  
これではいかんと思って和裁を習いに行った  
20年後に私、あの場所にいたんです と言われて吃驚いした 誰が見ているか判らないと思った 着物を着る時には頭をアップにするのが常識だったが バッサリ髪を切った(平成元年)   
女優をして 昭和32年 の1年間は髪型、着物の着付け方の体験をしてどの程度が着やすいかを身を以て体験したのでその後の仕事に凄く役に立った
苦しかったことも全て栄養だと思いますね